管理者が経験した怪我

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





修理や点検整備を行っていて、思わぬところで怪我をすることはあります。
場合によっては大事故に繋がったり、最悪は命を落とす危険性もあります。

私も、多少の怪我を経験してきました。
怪我をする時の精神状態で共通して言えることは、「慌てる」「集中していない」「慢心している」などです。

しかし、このように頭では分かっていますが、実際私は同じ怪我を再度繰り返すことがあります。
例えば、同じところでまた頭をぶつけるとか、忘れた頃に繰り返す事があります。

つまりは、慣れた作業でも「常に落ち着いて、集中しないといけない」と、心掛ける事が重要ですかね。

物理的な事では、トラクターやコンバインを点検整備する際は、必ずエンジンを停止し安全な状態にしてから行うなどです。


以下に、私が経験した怪我を幾つか挙げてみました。



○間違って自分の指をハンマで叩いてしまった。
当て物をして休みなくで叩き作業をしていると、段々と筋力が落ちてくるので、叩きポンイトがずれて当て物を持っている手のほうにハンマが行ってしまいます。
何日か指が痛くて最悪でした。
骨は折れませんでしたが、何ヶ月かして爪が剥がれました。


○カップ・ブラシ・グラインダで手の皮を削ってしまった。
その後、キャブレータ・クリーナが傷口にしみて痛かったです。
意外にも跡は残りませんでした。


○目に鉄粉が入った。
鬱陶しく痛いです。
ひたすら水道水で目を洗い流しました。


○ボール盤に軍手が巻きついて手首を痛めた。
緩慢な気持ちがあったせいか、加工物を手で固定しながら穴開け作業をしていたら、軍手がドリルに巻きついて手首をもっていかれた。
数日間、手首の捻挫で痛みが続きました。


○起き上がり途中、機械に頭をぶつけた。
特にコンバインを整備している時にやります。
金属棒やら何やらで気付き難いものに顔面をぶつけた事もありました。
また、避けたと思ったら、眼鏡が引っかかって飛んでいった事もありました。
高価なものが傷付き最悪な気分になります。


○ぎっくり腰になる。
いつ起こるか分かりません。
私は4~5日でほぼ回復する軽いものしかなった事がなくまだ良いほうですが、それでも当日と翌日はかなり痛みがあって、ゆっくりしか動けませんでした。
思い返してみると、2年に1回くらいの割合でやっている気がします。はぁ…。


○アルミ・ブリッジの隙間に足が挟まる。
コンバインをトラックに乗せた後、アルミ・ブリッジの上で足を踏み外し、ブリッジの隙間に片足が挟まりそのまま落ちました。
これは1度だけですが、1週間まともに歩けない捻挫でした。





作成日:2012/12/15