玄米保冷庫

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




玄米保冷庫は玄米の貯蔵保管庫で、一般の冷蔵庫のように冷気を保管庫の中に送り込み、一定の低温を維持させる事が出来る。

低温の中で保管することにより、虫やカビの発生を抑えることが出来る。


玄米を入れる温度設定は12~15℃が適している。

この適温より外気温が低くなる冬期は、冷却ユニットの電源を切っていても良いが、急に暖かくなる日もある事から1年中電源を入れたままにしておくのが望ましい。

注意点

保冷庫の設置(水平の出し方)



水準器での水平調整



保冷庫 水平の出し方 調整ボルト ②→③→①④左図のような条件下において、以下の方法で設置する。
(個人的に良いと思う方法です。)

最初に、設置場所の床面の水平状態を水準器を使い調べる。

①-②間、②-③間、②-④間の高低差が大まかに分かれば良い。

高低差が分かったら、それを元に②の調整ボルトを出してから保冷庫を設置場所に入れる。

②の調整ボルトを先に出しておく理由は、この調整ボルトが一番奥に位置し、設置後では調整ボルトを簡単に回せないためである。

次に③の調整ボルトを調整し、②-③間の水平をある程度出す。

②と③の調整ボルトが出ると、①と④の調整ボルトが浮く状態(がたつきが生まれる)になるので、①-③間と③-④間を交互に水準器を当てて、①若しくは④の調整ボルトを調節して、がたつきの無いように水平を出す。

上手く水平が出せなければ、再び保冷庫を前方に移動させ、②そして③の調整ボルトの調整からやり直す。

全体の水平を出した後は、四隅それぞれにがたつきが無い事と、扉の開閉状態に問題が無い庫を確認する。



ドアの状態から見た調整



保冷庫Aの部分(左ドア中央部の上側)が空く場合は、左後側を下げる、若しくは右後側を上げる。


Bの部分(右ドア中央部の上側)が空く場合は、右後側を下げる、若しは左後側を上げる。


Cの部分(左ドア中央部の下側)が空く場合は、左後側を上げる、若しくは右後側を下げる。


Dの部分(右ドア中央部の下側)が空く場合は、右後側を上げる、若しく左後側を下げる。



片開きの場合はBDのみです。

トラブルと原因について



庫内ユニット下から水滴が落ちる
①排水ホースが詰まってる
②冷却ユニットの故障
③保冷庫の水平が取れていない
ドア周りや底下に結露
①ドアがしっかり閉まっていない
②庫内のどこかに隙間や穴がある
③ドア緩衝材の剥がれ、不良
冷えない
①冷却ユニットの不良(冷房ガス漏れなど)
②冷却ユニットのフィルタがホコリで詰まってる(電気代増大!)
③冷却ユニットの周りに物を置いてる(電気代増大!)
④ヒューズまたはブレーカが切れてる
⑤ドアを頻繁に開ける
⑥庫内の壁からスノコ下まで冷気が循環しない(入れすぎなど)



作成日:2007/12