整備時に知っていれば助かるちょっとしたコツ2

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




本職ではなく日曜大工的に行う整備や修理では、ちょっとした事で作業が進まなくなることがあると思います。

「こんな時どうすれば良いか」などと、最善の方法をなかなか思い付かないかもしれません。

人それぞれやり方があり、本人が良いと思う方法で行えばいいと思いますが、実際に私が行っている方法を少し述べてみます。


◎コンバインの突起付きベルトを張る方法

突起付きベルト 張り方殆どのコンバインは同じ要領で出来ます。

まず、長穴に付いているナットを少し緩めます。

緩め過ぎず、軽く締まった状態です。

この突起付きベルトのプーリ固定軸(ボルト)は、下から覗くと分かるように頭部が丸いので、ナットと共回りする可能性はあります。

メーカ型式によって様々ですが、他には固定軸(ボルト)の頭部が6角になっているものもあります。

ハンマで固定軸をナットごと叩いて、突起付きベルトを張ります。

なるべくナットの6角面の部分を程良い力で叩きます。

若しくは、小ハンマをあてがって叩きます。

適度に張れたらナットを本締めして固定します。

固定軸と共回りする場合は、ウォータ・ポンプ・プライヤなどで固定軸頭部を掴みながらナットを締めます。


◎ウォータ・ホースを外す方法

まず、ホース・バンドの固定ネジを緩めて接続部からずらします。

ホース・バンドがへばり付いてる場合は、ウォータ・ポンプ・プライヤで軽く摘まんで左右に回します。

ウォータ・ホースは手でグイグイして取り外せればいいですが、出来ない場合、ウォータ・ポンプ・プライヤで軽く摘まみながら、左右どちらかに回してへばり付きを取ります。

劣化したホースで膠着が酷い場合はホースが破れる恐れがあるので、ドライヤで温めてから行うか、隙間にマイナス・ドライバを差し込みへばり付きを取ります。



◎サクション・ホースにタケノコ継手を入れる方法

サクション・ホースにタケノコ継手を入れようとしても、そのままでは入りません。

そんな吸水ホースにタケノコ継手を簡単に入れる方法です。

サクション・ホースを足で踏んで軟らかくします。

向きを変えて全体を万遍なくしっかり踏み込みます。

先端から150㎜くらいまで軟らかくします。

合計20回以上踏むと、手で押さえても変形するくらい軟らかくなります。

これで準備OKです。

タケノコの黒い部分にエンジン・オイルを塗付しておきます。

潤滑材やギヤ・オイルではなく、エンジン・オイルです。

滑りを良くするにはエンジン・オイルが丁度よい粘度なのです。

左写真ではパイプの下に角材を入れて行っていますが、ポンプに取り付けた状態のほうがやり易いかもしれません。

また、全て金属(アルミ等)のタケノコの場合は、最初に表面を耐水ペーパで磨いておくのがコツです。

タケノコ継手にサクション・ホースを一気に入れます。

ホース・バンドを入れ忘れないように気を付けます。

軟らかくなっていないままタケノコ継手を入れると、途中までしか入りません。