整備時に知っていれば助かるちょっとしたコツ4

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




本職ではなく日曜大工的に行う整備や修理では、ちょっとした事で作業が進まなくなることがあると思います。

「こんな時どうすれば良いか」などと、最善の方法をなかなか思い付かないかもしれません。

人それぞれやり方があり、本人が良いと思う方法で行えばいいと思いますが、実際に私が行っている方法を少し述べてみます。


◎やり難い箇所のアジャスタ・ナットを回す方法

ディープ・ソケットが使えない場合、左写真のようなパイプの両端がソケット(ボックス)になっている工具を使います。

昔は、何かの機械を購入した時に付属品として付いてきたものです。

片方が12㎜で、もう片方が14㎜ですが、正式な工具名が分からないので、ここでは「12-14」のパイプ・ソケットとします。

頭部12㎜のボルトに頭部14㎜と13㎜のナットを入れ、端を少し溶接してアダプタを自作します。

ここでは、溶接で固定していますが、市販のネジロック剤や強力ボンドなどをネジ山に塗付し、ナットを締め込めばOKです。

頭部12㎜のボルトは、一般に軸径が8㎜でネジ山のピッチが1.25㎜ですが、これに合う頭部14㎜のナットを探すのに苦労するのが難点です。

ここでは、「12-14」以外に「12-13」や「13-14」などのパイプ・ソケットにも対応できるように、「12、14、13」の組み合わせにしていますが、「12-14」のパイプ・ソケットを使い、頭部12㎜のナットだけを回すのなら、頭部14㎜のボルトに平座を1枚入れて、同径ナットを入れた「14、14」の組み合わせでも構いません。

要は、回したいナットと使用するパイプ・ソケットに合っていれば、どんな組み合わせでも良いのです。

自作アダプタは、左写真のように使います。

例えば、コンバインのアジャスタ・ボルトの調整ナットは多くが頭部12㎜なので、左写真のように、13㎜のソケット(ボックス)側に「12、14、13」の13を入れ、パイプ・ソケットの14㎜側に「12、14、13」の14を入れれば、頭部12㎜のナットを、アジャスタ・ボルトに干渉する事なく回せます。

また、パイプ・ソケットを入れ替えれば、頭部14㎜のナットを回す事が出来ます。

インパクト・レンチを併用すれば、あっという間に回す事が出来ます。

ちなみに、このパイプ・ソケットではあまりトルクを掛けられません。

したがって、最初の緩めと最後の締め付けは、必ずスパナかメガネ・レンチで行います。



◎スパーク・プラグの火花確認で、アースが取り難い箇所でアースさせる方法

左写真のように適当な工具を使って、スパーク・プラグの金属部分とエンジンの金属部分をアースさせます。

デメットとしては、金属部分を手で掴む事になるので、クランキング時に感電の可能性があります。

感電しないためには、素手で行わず軍手などをはめ、しっかりと金属同士を当てて(アースさせて)行います。

汗などで手が濡れている場合は、しっかり拭きとってから行います。

当たり前ですが、左写真のようにカバーを外せば済む話です。

プラグ(ゴム)・キャップを持ち、スパーク・プラグの金属部分をエンジンの金属部分にしっかり当てて、クランキングする事で火花の確認が出来ます。