第19回:コンバイン足回りの遊動輪オーバ・ホールについて

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




今回は、クボタ・コンバインSR195Gの遊動輪オーバ・ホールについて記載します。

また、第18回に続いて酸素アセチレン溶接を使った修理になりますが、足回りの修理で膠着の酷いものは、酸素アセチレン溶接がないと修理不可能だと思います。

遊動輪を固定する台を作って、その上で車軸などを叩いて抜く方法もありますが、膠着具合によっては、やはり不確実で時間がかかり過ぎます。

ここでは遊動輪単体の修理説明なので、クローラを取り外して遊動輪を引き抜くまでの説明は省略しています。


必要工具と道具:  12㎜ボックス・レンチまたはメガネ・レンチ、ラジオ・ペンチ、中ハンマ、小ハンマ、マイナス・ドライバ、鏨、角材、丸パイプ(外径22㎜、厚さ1~2㎜)、丸パイプ(外径38~40㎜、厚さ2~3㎜)、エンジン・オイル(0.1ℓ)、万能グリース、パーツ・クリーナ、紙ヤスリ(#400くらい)、酸素アセチレン溶接セット


※丸パイプは鉄、アルミ、塩ビなど、固いもので、上記の口径くらいの物なら何でも構いません。


右側の遊動輪(アイドラ)です。

写真では確認できませんが、がたついています。

見るからに泥水シールが傷んでいます。

経験から言いますと、新車から無整備状態のまま200時間程の使用で、完全にベアリングが駄目になっていることはありました。

プラグを外します。

ハンマで叩いてマイナス・ドライバの先端を隙間に差し込み、起こすことで簡単に外せます。

案の上、泥水が混入していました。

グリスは完全に切れています。

プラグは思ったよりきれいだったので、再利用します。

固定ボルト(頭部12㎜正ネジ)を外します。

この遊動輪にはスナップ・リングが使われていません。

酸素アセチレン溶接で、ベアリングの玉を保持している部分(リテーナ)を全て切断します。

中火くらいでさっと切断します。

玉まで溶かさないようにします。

玉をどちらかに寄せます。

鏨を当ててハンマで叩けば移動します。

酸素アセチレン溶接を使い、内輪と外輪の隙間の一部を削り落とし、玉を落とせる大きさの穴を作ります。

裏返して切り屑を落とします。

穴から全ての玉を抜きます。

玉はラジオ・ペンチで摘まみ出すか、遊動輪を反対向けて落とすなどします。

酸素アセチレン溶接で、内輪と外輪を切断して取り外します。

対角線上に切断すると簡単に取り外せます。

車軸や外輪接合面を削らないように慎重に行います。

奥のベアリング(泥水シール側)の玉を落として、遊動輪を取り外します。

奥のベアリングは深いのでやり難いです。

内輪と泥水シールのスリーブを取り外します。

スリーブは既に溶接熱でゴムが燃えていて、簡単に取り外せます。

遊動輪の泥水シールを取り外します。

こちらも既に溶接熱でゴムが燃えていて、マイナス・ドライバで起こして簡単に取り外せます。

残ったベアリングの外輪です。

酸素アセチレン溶接で、外輪を切断して取り外します。

取り外したベアリングと泥水シールの残骸の一部です。

車軸はカップ・ブラシ・グラインダ、又は紙ヤスリなどできれいに磨いておきます。

ベアリング、泥水シールが取り付く接合面など内面を、紙ヤスリできれいに磨いておきます。

この作業を怠ると、組み付け時にベアリングや泥水シールの入りが悪くなります。

車軸フレームと遊動輪です。



泥水シール側のベアリング6004LLUを取り付けます。

ここからは段ボールを敷きます。

パーツ・リストでは特殊ベアリングになっていますが、LLUで問題ないと思います。

特殊とは恐らくLLHの事ではないかと…。

ハンマを使って金属音が変わるところまで打ち込みます。

対角線上に打ち込み、縁(外周)全体で金属音が変わることを確認します。

エンジン・オイルをベアリング外周全体に垂らしておくと入り易くなります。

また打ち込みは、ベアリング外径に合うパイプをあてがえば申し分ないですが、小ハンマをあてがって叩いても問題ないと思います。

新品の泥水シールです。

泥水シールはシールと、スリーブに分かれます。

所謂、軸付きオイル・シールです。

泥水シールを取り付けます。

ベアリングと同じように、シール外周(はめあい部)にもエンジン・オイルを垂らします。

刃先の潰れたマイナス・ドライバを外周(金属環)に打ち込んで取り付けようと思いましたが、打ち込み時にダスト・リップ部が傷みそうなので止めました。

ということで、スリーブを入れて取り付けます。

丸パイプ(外径38~40㎜、厚さ2~3㎜)をあてがい、ハンマで金属音が変わるまで打ち込みます。

ベアリングの時の音と違い、ゴムがある分だけ少し鈍い音です。

遊動輪の向きを変えます。

プラグ側のベアリングは、6004オープンを取り付けます。

開放形を切らしていて、代わりにLLBがあったのでこれを使います。

6004LLBのラバー・シールを両面とも取り外し、開放形として使います。

カッタの刃などを隙間に差し込み、起こせば簡単に取り外せます。

ベアリングを取り付ける前にグリスを詰め込んでおきます。

万能タイプのリチウム・グリースで十分だと思います。

プラグ側のベアリング6004を取り付けます。

ここでもエンジン・オイルをベアリング外周に垂らしておきます。

一つ目のベアリングと同様の手順ではめ込みます。

遊動輪を車軸に入れます。

車軸にエンジン・オイルを垂らしておきます。

入り易くなります。

角材をあてがった上から、ハンマで叩いて入れます。

角材は写真のものより大きいほうがいいと思います。

プラグ側のベアリングが浮き上がってきたら、丸パイプ(外径22㎜、厚さ1~2㎜)をベアリングにあてがって、その上からハンマで叩きます。

真上から真っ直ぐ叩きます。

金属音が変わるところまで打ち込みます。

外径用の丸パイプ(外径38~40㎜、厚さ2~3㎜)に変えて叩くのもいいかと思います。

車軸とベアリングの出面が同じである事を確認します。

固定ボルトを確実にしめます。

遊動輪を手で回しながらグリースを塗り込みます。

液体ガスケットを塗付してプラグを再利用するので、プラグ接合面にはグリースを付着させないようにします。

付着したらウエスで拭き取っておきます。

ハンマでプラグを叩いて嵌め込みます。

再利用なので、液体ガスケットを塗付して取り付けます。

対角線上に交互にずらしながらツバ全体を叩き、ツバ全体の叩き音(金属音)が変わるところまで打ち込みます。

グリースを詰め込み過ぎるとエアが抜けず、浮き上がってくることがあります。




過去の記載 / その他の記載


作成日:2010/12/19