第21回:コンバインのオイル交換について

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




今回は、クボタ・コンバインSR35のオイル交換について記載します。

まだまだ現役で使われている機械なので、しっかりオイル交換して、少しでも長く使いましょう。

作動油タンク付きコンバイン(中型以上)のオイル交換について、共通する主要な3ヵ所を中心に説明します。


本機:クランク・ケース(エンジン)8.5ℓ/エンジン・オイル・フィルタ/ミッション・ケース10ℓ/油圧オイル22ℓ/油圧オイル・フィルタ/HSTオイル・フィルタ


必要工具と道具:  12、14㎜ボックス・レンチまたはメガネ・レンチ、延長ソケット、17㎜ボックス・レンチ、エレメントはずし、ウォータ・ポンプ・プライヤ(キャップを緩めるため)、オイル・ジョッキ、じょうご(注入口が細いため、作業し難いため)、低床廃油箱×1、大容量廃油箱×2(20ℓクラス)、ウエス、潤滑剤、段ボールの切れ端(縦横:200㎜×200㎜程度)
19㎜ボックス・レンチとメガネ・レンチ、モンキ・レンチ


※ドレン・ボルトは、分かり易いように赤い色を塗りました。
通常は白い塗料が塗られています。


◎エンジン・オイルとエンジン・オイル・フィルタの交換…交換時期:オイル100時間毎、フィルタ200時間毎

ドレン・ボルト(頭部14㎜正ネジ)を取り外します。

オイルが抜け出したら、エンジン・フードを開けます。

オイル・キャップ(正ネジ)を取り外します。

シリンダ・ヘッド・カバーの上にあります。

注入口からエアが抜け、オイルは抜け易くなります。

オイル・フィルタ(正ネジ)を取り外します。

籾タンク側なので、籾タンクを開けます。

接合面をウエスできれに拭き取ります。

埃が入らないように注意しながら、潤滑剤で接合面を簡単に洗浄しておきます。

新品オイル・フィルタを取り付けます。

取り付け前は、オイル・フィルタのシール部に薄くエンジン・オイルを塗付しておきます。

フィルタは手で締めますが、シール部が接触してから2/3回転くらい回せば十分です。

オイルの検油棒はセル・モータの横にあります。

注入口からエンジン・オイルを入れます。

オイルは検油棒のゲージのFの所まで入れます。

オイルを入れた後は、一度エンジンを始動し数秒回して止め、4~5分待ってからもう一度検油棒を確認します。

足りない場合はFのところまで追加します。
約8.5ℓ入ります。


◎ミッション・オイルの交換…交換時期:300時間毎

エンジンを始動して刈取り部を最上げ位置、深さチェーンを最深位置(上方向)にしておきます。

また、機体を最上位置にするとやり易いと思います。

ドレン・ボルト(頭部17㎜正ネジ)を取り外します。

オイル・キャップ(正ネジ)を取り外します。

ちょうどミッション・ケースの真上にあります。

手で緩まない場合は、ウォータ・ポンプ・プライヤなどで摘まんで回すと簡単に緩みます。

注入口からエアが抜け、オイルは抜け易くなります。

前項の写真では、既に廃油箱にオイルが溜まって溢れそうですが…。

オイルが完全に抜けたら、パッキンを忘れすにドレン・ボルトを取り付けます。

検油口ボルト(頭部12㎜正ネジ)を取り外します。

ミッション・ケース左側にあります。

12㎜ボックス・レンチと延長ソケットが必要です。

注入口からミッション・オイルを入れます。

検油口からオイルが溢れ出るまで入れますが、約10ℓ入ります。

溢れ出したら検油口ボルトを取り付けます。
次いでオイル・キャップも取り付けます。

オイルの注入は、刈り取り部と運転席前の間から行うのが一番やり易いと思います。



◎作動油(油圧オイル)の交換と油圧オイル・フィルタ、HSTオイル・フィルタの交換…交換時期:全て300時間毎

ミツション・オイルの交換を終えたら、作動油を抜きます。

ドレンボルト(頭部17㎜正ネジ)は、作動油タンク下部にあります。

段ボールの切れ端などでオイルの抜き道を作らないと、地面やクローラがベタベタになります。

オイル・キャップ(正ネジ)を取り外します。

作動油タンクの上にあります。

手で緩まない場合は、ウォータ・ポンプ・プライヤなどで摘まんで回すと簡単に緩みます。

注入口からエアが抜け、オイルは抜け易くなります。

最初でも途中でもいいので、キー・スイッチONにして、刈り取り部を最下位置まで下げておきます。

油圧シリンダ内のオイルを少しでも抜くためですが、しかしながら、油圧ポンプやホース内のオイルは完全には抜けません。

これは仕方ありません。

オイル・キャップです。

ミッション・ケースのオイル・キャップと同じです。

HSTオイル・フィルタ(正ネジ)を取り外します。

エンジン・フードを開けて、ブレーキ・ペダルの横にあるカバーを開けば見えます。

接合面をウエスできれに拭き取ります。

埃が入らないように注意しながら、潤滑剤で接合面を簡単に洗浄しておきます。

その後、新品のHSTオイル・フィルタをエンジン・オイル・フィルタと同じ要領で取り付けます。

油圧フィルタ(正ネジ)も取り外します。

オイルが完全に抜けたら、パッキンを忘れすにドレン・ボルトを取り付けます。

そしてエンジン・オイル・フィルタと同じ要領で、新品の油圧オイル・フィルタを取り付けます。

HSTオイル吸入フィルタは、マニュアルでは300時間で洗浄、600時間で交換とありますが、ここでは行いませんでした。

行う場合は、 作動油タンクの全面にある頭部12㎜の正ネジボルト3本を外して、吸入管を取り外します。

HST吸入フィルタは、この吸入口にあります。

HST吸入フィルタの洗浄は、灯油に浸けて歯ブラシで磨き、最後はやはりコンプレッサでエア吹きして行います。

取り付け時には、吸入管プレート部分のOリングを交換したほうが無難です。

交換しないと、ここからオイル漏れする可能性があります。

注入口から油圧オイルを入れます。

検油口ボルト(頭部12㎜正ネジ)を取り外し、検油口からオイルが溢れ出るまで入れます。
約22ℓ入ります。

溢れ出したら検油口ボルトを取り付けます。

次いでオイル・キャップも取り付けます。

油圧オイルはコスモノーキTFを使いました。
このオイルはミッション・オイルにも使えます。

エア抜きについてですが、オイル・ポンプのエア抜き用ボルトを外し数秒間エンジン始動するといった、よくあるエア抜き作業はありません。

しかし一応はエンジンを始動し、簡易的なエア抜きを行います。
エンジンを中回転くらいにして、刈取り部を最上位置に数秒間し続けます。

次に手動SWで、機体を最上位置に数秒間し続けます。

最後に刈取り部、機体を最下位置にしてエンジンを止めます。

その後、数十分経ってから検油口ボルト取り外して検油します。

検油口からオイルが出てこなければ、出てくるまでオイルを追加します。

交換したオイル・フィルタです。

左からエンジン・オイル・フィルタ、HSTオイル・フィルタ、油圧オイル・フィルタです。

これだけオイル交換を行うと、軍手をはめていても大抵はオイルで手が汚れます。

私は然程気にならないタイプの人間ですが、どうしてもオイルで汚れるのが嫌な人は、使い捨てのビニール手袋とか便利です。



◎ギヤ・ケースのオイル交換…交換時期:300時間毎

フィード・チェーン後方にあります。

頭部12㎜の正ネジボルトを外してカバーを取り外します。

プーリを外さないとドレン・ボルト(頭部14㎜正ネジ)を外すことが出来ません。

オイルの注入口です。

ギヤ・オイルはミッション・ケースで使用したオイルを入れます。


◎トラック・ローラのオイル交換…交換時期:800時間毎(100時間毎点検)

ジャッキ・アップしてクローラを外します。

四角プラグ(正ネジ)を取り外します。

カバー付きのトラック・ローラ(最後部など)は、袋ナット(頭部19㎜正ネジ)を外しカバーを取り外します。

四角プラグの取り外しは、モンキ・レンチを使います。

指定では800時間で交換となっていますが、ミッション・オイルの交換時に、次いでに交換しても良いかと思います。

排出口(注入口)を下に向ければオイルは抜けます。

完全に抜け切るまで時間がかかります。

ギヤ・オイルを注入するときは、注入口(排出口)を上に向けて入れます。

油注しを使ってギヤ・オイルを約0.1ℓ入れます。
ギヤ・オイルはミッション・ケースで使用したオイルで構いません。

四角プラグはPT(テーパ)ネジですが、水混入の可能性が多少あるので、シール・テープを巻いて取り付けます。

800時間毎にオーバ・ホール(フローティング・シール、ベアリング交換など)となっています。

しかしながら数が多く大変な作業なので、指定時間でがたつきがなければ、オーバ・ホールをせず、グリース式に変えてしまうのもありかと思います。

この場合、毎シーズン毎にグリース・アップします。

グリース・ガンを使って詰め込んだグリースが、オイル・シール(フローティング・シール)を内部から押し出す事になるので、ある意味自分でシールを壊すことになりますが…。


作成日:2011/2/17