第29回:田植機の株間ギヤ交換について

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




今回は、クボタの小型田植機EP4の株間を変更する方法を記載します。


現在の水稲栽培では、省力、低コスト、多収などの観点から、株間を出来るだけ広くする疎植(粗植え)栽培、または圃場に直接播種する直播栽培のいずれかを行う傾向にあります。

そして、現時点で最も多くの人が行っている栽培方法は、前者の株間を出来るだけ広くする疎植栽培です。

この田植機の出荷時に設定されている株間は18㎝(60株/3.3㎡) です。

18㎝の株間は、現在では狭いほうに入ります。

そこで、標準付属品の疎植用ギヤと入れ換えて、株間を24㎝(45株/3.3㎡)に広げます。


※オプションのギヤで最大28㎝(40株/3.3㎡)まで広げる事が出来ます。


必要工具と道具:  グリース


右側の前車軸ケースの上に株間ギヤ・ケースがあります。

この田植機の株間変更は、レバー操作もなく、このギヤ・ケース内のギヤの入換え、組換えのみで行います。

レバー操作ではないが、とてもシンプルです。

蝶ボルト1本を外し、ギヤ・ケース・カバーを外します。

出荷時の設定株間は18㎝なので、A軸(左写真、左側)が27、B軸(左写真、右側)が26の歯数ギヤが組み込まれています。

株間に対するギヤの組み合わせは、ギヤ・ケース・カバーにシールが貼ってあるので、そこで確認できます。

手でギヤを外します。

軸にはスナップ・リングなどをかける溝も無く、ギヤがそれぞれ嵌っているだけです。

付属品の疎植用ギヤです。

ギヤには歯数が刻印されています。

この2つのギヤ(歯数31と22)を組み込む事で、株間は24㎝になります。

A軸に31、B軸に22の歯数ギヤを入れます。

刻印のある面を手前にして取り付けます。

グリースを塗付します。

左写真くらいの量でいいかと思います。

また、ギヤ・ケース・カバーの裏面にもグリースを同量塗付しておきます。

使用したグリースは、2硫化モリブデン・グリースです。

グリースは中央に集中していますが、回転すれば全体に行き渡ります。

ギヤに抜け止めなどは無いので、そのままギヤ・ケース・カバーを取り付けます。

蝶ボルト(ゴム付座金を含む)を手でしっかり締めて完了です。




過去の記載 / その他の記載


作成日:2013/5/19