第35回:管理機タイヤのパンク修理について

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




今回は、管理機のチューブレス・タイヤのパンク修理についてです。

その中でも、ホイール(リム)が2つ割れするタイプのものについて記載します。


パンクと言っても、タイヤに釘などが刺さって起こるパンクではなく、長期間空気圧の点検をせずに使用した結果、タイヤのビードとホイールのリムの間に隙間が出来て空気が漏れるパンクです。

最悪はビードとリムの間に土が入り込んだり、リムのビード接合面が錆びたりすることです。

そうなると、空気を入れてもビードとリムの密着性が悪くなり空気漏れを起こします。


そのような状態になったチューブレス・タイヤを、金銭的負担が少なく且つ自分で確実に直せる方法は、チューブを入れてチューブ・タイヤに変えてしまうことです。

当たり前ですが、リムをきれにして新品のエア・バルブとチューブレス・タイヤに交換すれば確実に直ります。

しかし、タイヤはそのまま(若しくは減っまま)でパンクさえ直ればいいという人もいるでしょう。


そんな人のために、チューブレス・タイヤからチューブ・タイヤに変更する方法を説明していきます。

説明に使うチューブレス・タイヤは、ミツビシ管理機MMR46のものです。



必要工具と道具:  12㎜ボックス・レンチ、ニッパ、ウエス、中性洗剤、コンプレッサ、タイヤ・ゲージ、角材



◎チューブレス・タイヤの空気漏れ箇所を確認する方法

空気を入れた直後のタイヤを水槽の中に入れれば分かります。

空気が漏れていれば、漏れている箇所から連続的あるいは間欠的に気泡が出ます。


通常、チューブレス・タイヤのパンクは次の何れかです。



ビードが完全に落ち込んでいます。

空気を入れても1日で抜けてしまう症状です。

※左写真のみ他の管理機のタイヤです。

適当に(200kPaくらい)空気を入れてから、水槽の中でどこから漏れているか確認したところ、ビードとリムの間(接合面)から漏れていました。

ビードとリムの間に土が付着してるのでしょう。

最初に空気を抜きます。

ボルト・クリッパを使ってエア・バルブを切断します。

もちろん、ムシ(バルブ・コア)を外しても良いです。

空気を抜くには、エア・バルブを切断したほうが早いです。

サイド・ウォールを足で踏んでビードを落とします。

左写真のように、反対側のサイド・ウィールの下に角材を入れて踏み込むと落とし易いです。

ビード全体を落とします。

ビードとリムに付いた土と発生してるかもしれない錆を落とすため、反対側のビードも落としておきます。

2つ割りリムの固定ボルトを全部(4本)外します。

一度落としたビードが入ってしまっも、完全に入ってる訳ではないのですぐ落ちます。

エア・バルブがある外側のリムを外します。

ビードが落ちているので簡単に外れます。

チューブレス・タイヤなので、リムとリムの合わせ面にはゴム・パッキンが付いてます。

ハブがある内側のリムも外します。

ニッパを使い、エア・バルブの残りを外します。

リムのビード接合面をウエスで拭いてきれいにします。

錆も酷くなく、状態は悪くないです。

タイヤの内部をコンプレッサでエア吹きしてきれいにします。

ビード全体に水で薄めた中性洗剤をかけて、ウエス(雑巾)で付着している汚れを拭き取ります。

チューブ入りタイヤになるので、多少の汚れがあっても問題ありません。

チューブは1,500円~2,000円くらいで手に入ります。

タイヤに対して、エア・バルブが取り付く向きの確認です。

向きの確認が出来たら、チューブをタイヤの中に入れます。

軽く空気を入れます。

こうする事でリムを取り付けてもチューブが挟まることはありません。

リムの片割れ(ハブ側)を入れます。

一般的にリムの組み付け前は、ビード・ワックスや先程の水で薄めた中性洗剤をビードに塗りますが、新品タイヤではないので何も塗らなくても大丈夫です。

何も塗らなくてもビードは入ります。

外側のリムは、エア・バルブをバルブ穴から引き出して入れます。

そして、リムのボルト穴を合わせます。

折角なので、合わせ面のゴム・パッキンも入れておきます。

手でタイヤとリムを動かしてエア・バルブを真っ直ぐ外に向かせたら、固定ボルトを全て締め込みます。

対角線上にずらして締めていきます。

空気を入れます。

リムとビードをしっかり密着させるため、250kPaまで空気を入れます。

その後、空気を抜いて使用時の適正空気圧である160kPaにします。

ムシから空気が漏れていないか、一応確認します。

手っ取り早くツバをつけて確認しましたが、膜の張りやすい石鹸水(先程の水で薄めた中性洗剤など)を使っても出来ます。

新品チューブなので大丈夫でしょう。

チューブ・タイヤに変更完了です。

ここまで説明した方法は、2つ割れするタイプのホイール全般に応用できます。




過去の記載 / その他の記載


作成日:2014/6/13