第36回:管理機の耕運軸オイル漏れ修理について

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




今回は、アグリップ管理機KG70の耕運軸からオイルが漏れる症状の修理です。

この管理機は、内側の爪軸が逆回転し、外側の爪軸が正回転するタイプです。


必要工具と道具:  12㎜ボックス・レンチ、4㎜6角レンチ、マイナス・ドライバ、ラジオ・ペンチ(若しくは鏨)、ハンマ、耐水ペーパ(#1000)、パーツ・クリーナ、潤滑剤、リチウム・グリース、緩み止め剤(取り外し可能タイプ)、ノギス、ウエス、コンプレッサ、ジャッキ、鉄パイプ(各種)、叩き棒、角材、廃油箱(低い物)、オイル・ジョッキ
ミッション・オイル(#80)


右側の耕運軸からオイルが漏れています。

高圧洗浄機できれいに洗います。

オイル・シールを打ち込む時に、上から砂塵が落ちてきたら修理になりません。

外側の爪軸を外します。

Rピンを外し頭付きピンを抜いたら、爪軸を引き抜くだけです。

取付時に位置が分かるように、白ペンなどで印を付けておきます。

内側の爪軸は、4㎜の6角穴付きボルトで固定されています。

6角穴付きボルトを外します。

内側の爪軸を外します。

オイルが浸み込んでいたので、簡単に引き抜けました。

取り外した内側の爪軸です。

内側のロータリ軸からオイルが漏れていることが分かります。

ちなみに、爪軸が引き抜けない場合は、叩き棒などを爪ホルダ根元にあてがい、その上をハンマで叩いて衝撃で外します。

外側の爪軸と内側の爪軸の回転(ロータリ)軸には、それぞれオイル・シールが取り付いています。

内側のオイル・シールだけ交換すれば直りますが、折角なので外側のオイル・シールも交換します。

フェザ・キーを外します。

ラジオ・ペンチで掴んで外しました。

油漏れの恩恵で簡単に外れました。

ラジオ・ペンチで簡単に外せましたが、通常なら左写真のようにフェザ・キーに鏨をあてがって、その上をハンマで叩いて少しづつ起こして外します。

フェザ・キーを外した次はオイル・シールを外します。

最初に内側ロータリ軸のオイル・シールを外します。

見えているオイル・シールは、通常とは反対向きに取り付いています。

オイル・シールの嵌め合い部(外周面)に向かって、ハンマで叩いてマイナス・ドライバの刃先を打ち込みます。

ケース側の接合面を傷付けないように行います。

左写真のようにマイナス・ドライバの刃先を斜めに差し込み、その刃先を起こしてオイル・シールを外します。

仮にケース側の接合面に深い傷を付けてしまった場合は、オイル・シール取付時に液体ガスケットを塗付すれば大丈夫です。

その場合は、油分を拭き取って行います。

奥にメインのオイル・シールがいます。

この狭い隙間にあるオイル・シールは、通常の向きで取り付いています。

これを外します。

マイナス・ドライバの刃先を、オイル・シールの大気側面(ゴム部分)に向かって真っ直ぐ打ち込みます。

左写真のように破壊!?します。

当たり前ですが、ケース側の接合面とロータリ軸の摺動面に傷を付けないように行います。

マイナス・ドライバの刃先を入れて、じわりと起こして外していきます。

重いと思ったら無理に起こさず、何箇所か破壊してから行います。

オイルが出てくるので、廃油箱を下に置いておきます。

ハンマを使って何度かマイナス・ドライバの刃先を打ち込んだ結果、原形を留めておらず比較的簡単に取り外せました。

外側爪軸のオイル・シールを外します。

取り外し手順は、内側オイル・シールと同じです。

殆ど力を使わずして外せます。

こちらも奥にメインのオイル・シールがいます。

オイル・シールの大気側面にマイナス・ドライバの刃先を打ち込みます。

内側オイル・シールの取り外しと同じで、ロータリ軸の接合面と摺動面に傷を付けないように行います。

マイナス・ドライバの刃先を起こして、オイル・シールを外します。

小さいオイル・シールなので、とても簡単に外せます。

これで、右側の爪軸にあるオイル・シールは全て外れました。

左写真で分かるように内側ロータリ軸のオイル・シールは、決まった位置で固定される構造になっていません。

ベアリング外輪で受けるようにもなっていません。

右側の爪軸から外した全てのオイル・シールです。



まだギヤ・オイルを抜いていなかったので、廃油箱を置くスペースを確保するためにジャッキ・アップして右タイヤを外します。

ギヤ・オイルの排油口は、右車軸の下にあります。

タイヤは、頭付きピンとRピンで固定されています。

Rピンと頭付きピンを外します。

右タイヤを外したら、廃油箱を置く場所を作るため、車軸に適当な鉄パイプを差し込み、その下に転倒防止のために角材を入れます。

ドレン・ボルト(頭部12㎜)を外してミッション・オイルを抜きます。

通常、排油は最初に行うものですが、このように途中で行ってもいいのです。

ドレン・ボルトにはOリングが付いているので、無くさないようにします。

というより、Oリングはなるべく新品に交換しておきましょう。

ロータリ軸を#1000の耐水ペーパを使って磨きます。

必ずロータリ軸に潤滑剤(灯油やオイルでもOK)を吹き付けてから行います。

内側のロータリ軸も同様に磨きます。

磨き終わったら潤滑剤(灯油もOK)で全体の汚れを落とし、最後はコンプレッサでエア吹き洗浄しておきます。

ミッション・オイルを抜き、ロータリ軸の下処理も終わったら、ドレン・ボルトを取り付け、タイヤもはめておきます。

オイル・シールの取り付けに使う4本の鉄パイプです。

オイル・シールの外径になるべく近いものを用意しました。

パイプはきれにしておきます。

外側ロータリ軸のメインのオイルシール(TC)です。

リチウム・グリースを塗付します。

塗付という表現から程遠くなっていますが、嵌め合い部に限ってはエンジン・オイルでもいいですね。

手でオイル・シール(TC)を入れます。

オイル・シールにパイプを真っ直ぐあてがい、その上をハンマでやさしく叩いて打ち込んでいきます。

奥までオイル・シールを打ち込みます。

奥まで入ったかどうかは、打撃音が変わるので分かります。

パイプの叩く位置を少しづつ変えては叩き、全体がきっちり奥まで入ったか確認します。

奥まで打ち込んだ後の写真です。

写真上、見やすくするためグリースを拭き取ってあります。

次にオイル・シール(VC)を取り付けます。

先のオイル・シール(TC)とは向きが違います。

手で押さえて取り付けます。

仕上げにパイプを使って、オイル・シールを奥まで打ち込みます。

ハンマでパイプをやさしく叩き、メインのオイル・シール(VC)に当たるところで打ち込みを止めます。

片寄っていないことを確認出来たら、右の外側ロータリ軸のオイル・シール交換は終了です。



内側のオイル・シールを取り付ける前に、2つのオイル・シール(TC、VC)を合わせて厚みを測っておきます。

厚みは大体13㎜ですね。

ケース側のオイル・シールが取り付く面の奥行き(有効幅)は、大体17㎜でした。

オイル・シールの出面が取り外し前は面一だったので、単純に2つ重なって取り付いていたとして、17-13=4で奥から4㎜手前にいたことになります。

つまり、打ち込む時は気を付けないと、必要以上に入り過ぎてしまいます。

内側ロータリ軸のメインのオイルシール(TC)です。

リチウム・グリースを塗付します。

嵌め合い部にエンジン・オイルを塗付するのもいいと思います。

手でオイル・シールを入れます。

前項で説明してきましたが、このオイル・シールは打ち込み過ぎないように気を付けなければいけません。

パイプを使います。

ちょうどいいサイズのパイプは、この短いものしか持ってませんでした。

後項で延長に使っているパイプは長さもあっていいのですが、パイプ径が少し小さく、当て物として使うには少し不十分なので、短いですがオイル・シールの外径により近いサイズである、このパイプを当て物として使いました。

さらにパイプを延長させて、その上をハンマで叩いてオイル・シールを打ち込んでいきます。

簡単に入っていくので、片寄らないように気を付けて慎重に打ち込んでいきます。

片寄っている(斜めに取り付いている)とオイル漏れする可能性があります。

ノギスで測定して片寄っていないか確認しながら行います。

元の位置より1㎜くらい奥に打ち込みました。

仮に打ち込み続けると、ベアリングの保持器に接触するまで入っていき、そこで止まるはずです。

そうなったとしても問題はない(仕方がない)のですが、やはり元の位置と同等か少しだけ奥で収めたいものです。

作業時ロータリ軸は、オイル・シールのリップ部と回転摺動し続けています。

軸付きオイル・シールではないので、どうしても摺動摩擦でロータリ軸に摺動傷が入ります。

この摺動傷に、新しいオイル・シールのリップ部が重ならないように取り付けたいのです。

そうならないように、元の位置より少しだけ奥に取り付けるのです。

また、いきなり一番奥まで打ち込んでしまうと、それだけロータリ軸に泥が付く(錆びる)面積が増えるので、万が一またオイル・シールを交換しなければいけない時、きれいな摺動面が使えなくなってしまいます。

様々な農機具がありますが、オイル・シール交換でノギスを使うことは滅多にないので、この管理機のオイル・シール交換は難しいと言えるかもしれません。

オイル・シール(VC)です。

手でオイル・シール(VC)を入れます。

指で押し込んでオイル・シールを取り付けます。

パイプを真っ直ぐあてがい、丁寧に打ち込みます。

力強く叩くと、奥のメインのオイル・シールまで動いてしまうので、気を付けて打ち込みます。

片寄っていないことを確認出来たら、右の内側ロータリ軸のオイル・シール交換は終了です。

ロータリ軸に古いオイル・シールの摺動傷が見えるので、元の位置より奥で取り付けた事が分かりますね。

爪軸(内側、外側)を取り付けるので、フェザ・キーを取り付けます。

多少の防錆効果も期待し、リチウム・グリースをロータリ軸全体に塗付しておきます。

内側の爪軸の固定ボルト(6角穴付き)に緩み止め剤を塗付します。

緩み止め剤は、取り外し可能タイプを使います。

内側と外側の爪軸をそれぞれ取り付けます。

内側の爪軸は、6角穴付きボルトをしっかり締め付けます。

外側の爪軸は、付けておいた印を合わせて取り付けます。

オイル栓を外し、ミッション(ギヤ)・オイルを入れます。

#80を5.2ℓです。

オイル栓をして終了です。


過去の記載 / その他の記載


作成日:2014/9/5