第6回:トラクターのオイル交換について

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




今回は、日の本トラクターNX240(クボタGLシリーズと同等)のオイル交換について記載します。

NX240本機:  クランク・ケース(エンジン)5.7ℓ/エンジン・オイル・フィルタ/ミッション・ケース35ℓ/ミッション・オイル・フィルタ/前輪車軸ケース3.2ℓ
AS155-2ロータリ:  チェーン・ケース1.7ℓ/ベベルギヤ・ケース1.2ℓ/ベアリング・ケース(グリス注入)


必要工具と道具:  12、14、17、24、27mmメガネ・レンチ、モンキー・レンチ、エレメント脱着工具、オイル・ジョッキ(ノズル先端が細いタイプ)、ウエス、シール・テープ、低床廃油箱×1~2、大容量廃油箱(高さ30cmくらいまでで20ℓクラス)×3


◎エンジン・オイルとエンジン・オイル・フィルタの交換…交換時期:オイル100時間毎、フィルタ200時間毎

オイルパン、クランク・ケースのオイル・ドレンクランク・ケース(エンジン・オイル)のドレン・ボルトはエンジン真下のオイル・パンに2箇所あります。

左右の両方のドレン・ボルトを外しますが、パッキンを無くさないようにします。

頭部17㎜正ネジボルト

エンジン・オイル・フィルタエンジン・オイル・フィルタは燃料コックの横にあります。
まず、側板を外します。
頭部12㎜の正ネジボルト×4

フィルタ(エレメント)の取り外しは手で行いますが、固い場合はエレメント脱着工具を使います。

取付はフィルタのシール部にエンジン・オイルを薄く塗付してから、フィルタを手で強めに締め付けます(正ネジ)。

フィルタ交換はオイルを入れたあとでも構いません。

フィルタは手で締めますが、シール部が接触してから、2/3回転くらい回せば十分です。

クランク・ケースのオイル注入口と検油棒エンジン・オイル注入口は発電機(オルタネータ)の下にあります。

また、検油棒はその右下のエンジン・ブロックにあります。

オイルは検油棒のゲージのFの所まで入れます。

オイルを入れたあとは一度エンジンを始動し数秒回して止め、4~5分待ってからもう一度検油棒を確認します。足りない場合はFのところまで追加します。

基本はF-E間に油面があればよいのですが、Fまで入れておきましょう。


◎ミッション・オイルとミッション・オイル・フィルタの交換…交換時期:オイル400時間毎、フィルタ200時間毎

ミッション・ケースのオイル・ドレン前側ミッション・ケースのドレン・ボルトは4箇所あるので全て外します。

一つは、ミッション前部の真下にあります。

ミッション・ケースのオイル・ドレン中央一つは、ミッション中央部の左側真下にあります。

ミッション・ケースのオイル・ドレン・ボルト前者二つのミッション・オイル・ドレン・ボルトは、頭部24㎜の正ネジボルトです。

メガネ・レンチ、若しくはボックス・レンチを使います。

ミッション・ケースのオイル・ドレン後輪車軸残り二つのドレン・ボルトは後輪車軸ケースの下側にあります。

左右ともオイル抜き口があるので両方外します。

頭部14㎜正ネジボルト

ミッション・オイル・フィルタ取付口ミッション・オイル・フィルタは、ミッション中央部の右側にあります。

フィルタ(エレメント)の取り外しは手で行いますが、固い場合はエレメント脱着工具を使います。

ミッション・オイル・フィルタミッション・オイル・フィルタです。

取り付ける前に、フィルタのシール部にエンジン・オイルを薄く塗付します。

ミッション・オイル・フィルタ取付フィルタは手で強めに締め付けて取り付けます(正ネジ)。

フィルタは手で締めますが、シール部が接触してから、2/3回転くらい回せば十分です。

ミッション・ケースのオイル注入口ミッション・オイル注入口は座席後側にあります。

キャップはOリング付きで正ネジです。

※オイルは、粘度指数グレード、使用条件があえば基本的にどこのオイルを使っても問題ありませんが、ミッション・オイルはなるべく専用のものを使います。

ミッション・ケースのオイル検油窓オイルの規定量は35ℓですが、検油窓の中心まで油面があることを確認します。

エンジンを始動し、中回転でポジション・レバーを最上位置にしロータリを上げ、姿勢手動レバーを数秒間右上げにし続けてリフト・シリンダ内のオイルを循環させます(エア抜き)。
その後、ポジション・レバーを最下位置にしロータリを下げエンジンを停止します。

数十分経ってから点検窓を確認します。
足りなければ、点検窓の中心まで油面が上がるまでオイルを追加します。



◎前輪車軸(フロント・アクスル)ケース・オイルの交換…交換時期:300時間毎

前輪車軸ケースのオイル・ドレン前輪車軸ケースのドレン・ボルトは前輪車軸の下側にあります。

左右ともオイル抜き口があるので両方外します。

低床廃油箱を置き、段ボールの切れ端などを使い廃油がこぼれないないようにします。

内圧を逃がさないとオイルが抜け難いので、注油口のボルトを外します。…左写真

前輪車軸ケースのオイル・ドレン・ボルトドレン・ボルトは四角プラグ(正ネジ)を使っています。

モンキー・レンチを使います。

取り付けるときはシール・テープを巻く、若しくは液体ガスケット塗ってから取り付けます。
シール・テープは水道管とかに使用するものです。

前輪車軸ケースのオイル注入口注油口のキャップは頭部27㎜の正ネジボルトになっています。

ボルトは前輪車軸ケースの左側真上にあります。

メガネ・レンチ。若しくはボックス・レンチを使います。

オイルは空気が抜けず入り難いので、少しづつ注油します。


◎ロータリ・ベベルギヤ・ケース・オイルの交換…交換時期:100~150時間毎

ロータリ・ベベルギヤ・ケースのオイル・ドレンベベルギヤ・ケースのドレン・ボルトはPIC軸の真下にあります。

多少、外し難いのでロータリを外したほうがやり易いです

ベベルギヤ・ケースのオイル・ドレン・ボルトドレン・ボルトは頭部17㎜の正ネジボルトです。

ベベルギヤ・ケースのオイル注入口ベベルギヤ・ケースのオイル注入口は真上にあります。

キャップはOリング付きで、手で取り外しできます。(正ネジ)


◎ロータリ・チェーン・ケース・オイルの交換…交換時期:100~150時間毎

ロータリ・チェーン・ケースのオイル・ドレンチェーン・ケースのドレン・ボルトはケースの下側にありますが、構造上ロータリを外して、マストを起こさないと完全には抜くことが出来ません

したがって、可能な方は外して抜いたほうが賢明です。

外さず行う場合は、1割くらいは抜けずに残るので、次の交換時期をチェーン・ケースだけ少し早めるなどします。

ここでは、さらにプロテクタも外して行います。…左写真

頭部12㎜正ネジボルト

プロテクタプロテクタの底面は磨り減って穴が明き易いです。

穴が明いた場合は、鉄板をあてて溶接、若しくは交換します。

そのまま使い続けると、チェーン・ケース底が磨耗、腐食し油漏れの原因になります。

プロテクタは、頭部12mmの正ネジボルト、ナットのとも締め2箇所で固定してあります。

チェーン・ケースのオイル注入口チェーン・ケースのオイル注入口は、チェーン・ケースとベベルギヤ・ケースの間にあります。

キャップはOリング付きで、手で取り外しできます。(正ネジ)

注油時は空気の抜け道を作るため、検油のボルト(ドレンと同じ頭部12㎜正ネジ)を外して注油します。

この検油ボルト穴からオイルが溢れるくらいが適量です。(チェーン・ケースが垂直な状態)




◎ロータリ・ベアリング・ケースのグリス注入

ロータリ・ベアリング・ケースチェーン・ケースとは反対側のケースが、ベアリング・ケースです。

頭部12㎜正ネジボルト×4

ベアリング・ケースの蓋を外した後蓋はパッキンを破らないように、スクレーパーなどで上手に外します。

仮に破れた場合は、その上に液体ガスケットを塗付する、若しくはパッキンを作り直すか注文するかのいずれかです。

ベアリング・ケースのグリス注入後LLUやLLBなどのグリス封入式のベアリングが使用されていますが、その上からグリースを塗付してしまいました。

むしろ、ベアリングのラバー・シールを剥がしてしまい、グリースを塗付したほうがいいかもしれません。

蓋は、磨り減ってる下側を上向きにして取り付けます。


注意事項

必ず、水平な場所でロータリを降ろした状態で行います。

各ドレン・ボルトやフィルタを外してオイルを抜いたあとは、当たり面双方をウエスなどを使いきれいに拭き取ります。

また、ブレーキ・クリーナや潤滑剤などで洗い流すのもいいと思います。

取り付ける際はパッキンの付け忘れに注意します。


過去の記載 / その他の記載


作成日:2009/2/25