第9回:田植機の苗取り量について

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




マット式田植機の苗の取り量を、全条均一に調整する方法を記載します。

苗の取り量が各条ごとに違うと、植付苗1株当たりの本数、マット苗の減り具合が全条均一になりません。

今回は、ヤンマーVP50とクボタSPA5について記載します。
ともに植付部はロータリ方式です。


主に必要な工具、道具:10㎜ボックス・レンチ(SPA5)、12㎜ボックス・レンチまたはメガネ・レンチ、マイナス・ドライバ(VP50)、潤滑剤、段ボールの切れ端(硬めで形が崩れていないもの)

※より正確な調整をするには専用ゲージが必要です。


調整時の状態:下記の要領で、植付アームを手で回せるようにする。


クボタ田植機SPA5
エンジンを始動し、苗載せ台を最上位置まで上げてから、油圧作動を「固定」位置にする(落下防止)。
主変速は「ニュートラル」位置で、植付レバーは「入り」にしてから、エンジンを停止する。(植付クラッチの入り切りがモータ駆動なので作動させる)

クラッチ・ペダルを踏み込みロックする。

苗取り量調節レバーを一番「多い」位置にする。
ヤンマー田植機VP50
エンジンを始動し、苗載せ台を最上位置まで上げてから、油圧作動を「固定」位置にする(落下防止)。
エンジンを停止し、HMT無段変速は「停止」位置で、植付レバーは「入り」にする。

苗取り量調節レバーを一番「多い」位置にする。
その他の参考

※どちらの田植機にも言えることですが、専用ゲージを使う場合は、苗取り量調節レバーを一番「多い」にしてから標準に戻します。



ヤンマーVP50

植付ロータリ手で植付ロータリ・ケースを正回転させると、苗載せ台が横に移動します。

どの位置でも良いので、やり易い位置に移動させます。

苗取り量の調整方法左写真のように、苗載せ台の何れかの条に段ボールの切れ端をあてがい、その条の植付アームを正回転させて、段ボールに軽く爪先を接触させ穴を開けます。
…爪跡を残して、基準となる取り量を決めます。

これは、特にどの条で基準値を決めても問題ありません。

また、全ての条の取り量を確認してから、平均取り量を基準値にするのも良いかと思います。

注意:植付アームを正回転させるには、植付アームは触らず、植付ロータリ・ケースを手で正回転させて行います。


苗載せ台の他の条全てに、先程爪で穴を開けた段ボールの切れ端をあてがい、その条の爪先が段ボールの爪跡に触れるところまで植付アームを正回転させて、取り位置が合っているか確認します。
…段ボールの爪跡と爪先が一致すれば取り量は同じということです。


取り位置がずれている場合は、植付アームの固定ボルト(頭部12㎜正ネジボルト)を緩め、
マイナス・ドライバを使って、苗取り量調整アジャスタを右または左に回します。

爪先が上または下に動くので、段ボールの爪跡と合ったところで止め、植付アーム固定ボルトを締めて固定します。

これを順次、全ての条に行います。

ロータリ式なので、5条で10個の植付爪の取り量を合わせる事になります。

最後に、全ての植付爪が苗載せ台に当たらないことを確認し、苗取り量調節レバーを任意の位置に戻します。

植付ロータリ・カム植付アームは外す必要がありませんが、外すと左写真のようになっています。

植付アームの固定ボルト(頭部12㎜正ネジボルト)を外すと、植付アームを外すことが出来ます。

植付アーム外した植付アームです。

植付ロータリに取り付けるには、植付ロッドを押しながらはめ込みます。

当然、カム部にグリースを充填してからはめ込みます。




クボタSPA5

植付ロータリ手で植付ロータリ・ケースを正回転させると、苗載せ台が横に移動します。

どの位置でも良いので、やり易い位置に移動させます。

以後、段ボールの切れ端を使い、VP50と同じ要領で行います。

植付アーム植付アームは、頭部12㎜の正ネジボルト×2で固定されています。

調整はこの固定ボルトを緩め、苗取り量調整アジャスタを回して行います。

苗取り量調整アジャスタ苗取り量調整アジャスタは、頭部10㎜の正ネジボルトになっています。


過去の記載 / その他の記載


2009/6/10