草刈機のエンジンまわり1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





ロビン草刈機NB30Kで、エンジンが直ぐに止まってしまいます。

キャブレータ掃除をします。

燃料コックを取り外すと、キャブレータに燃料フィルタが付いています。

この小さな網が燃料フィルタです。

ゴミが付着していたので、きれいに掃除します。

スロットル・バルブを取り外し、キャブレータを取り外します。

スロットル・バルブは、取り付け部がネジになっています。

プライヤなどで摘まんで回せば簡単に緩みます。

キャブレータの分解掃除です。

このフロート式のキャブレータは、とてもシンプルな構造なので掃除は簡単だと思います。

全ての穴にキャブレータ・クリーナを吹き付けます。

ニードル・バルブのプッシュ・ピンがスムーズに動く事を確認します。

メイン・ノズルは埋め込みタイプなので、無理に取り外しませんでした。

フロートは、「UP」と書いてある側を上に向けて取り付けます。

したがって、左写真では「UP」の文字は見えません。



ロビン草刈機NB2310Hで、エンジンが吹け上がらないです。

燃料フィルタの詰りはなくエンジンの始動性も良いので、基本的にはキャブレータの詰まりか、よくあるマフラ排気口の詰まりを疑います。

マフラ排気口をドライバで突っ突いても詰まりはありません。

また、燃料を入れ換えても症状は変わりません。

キャブレータ掃除をして全ての穴が通り、ダイヤフラムの硬化もなく問題なかったのですが、症状は変わりません。

他、考えられるのは排気孔がカーボンで塞がり狭くなっていることくらいです。

排気孔を見るためマフラを取り外します。

排気孔回りにカーボンが付着しています。

思ったほど付着していませんでしたが、更に付着して塞がると全く吹け上がらなくなります。

ピストンは、傷も無くきれいなものです。

マフラもこのようにカーボンで目詰まり気味です。

排気の流れが悪いと、エンジンは勢いよく回りません。

キャブレータ・クリーナを吹き付け、マイナス・ドライバなどで擦り落とします。

最後は、コンプレッサでエア吹きしてきれいにします。

キャブレータ・クリーナを吹き付け、カーボンをマイナス・ドライバなどで擦り落とします。

この時、絶対にカーボンをシリンダ内に落とさないように気を付けます。

ピストン往復時にシリンダ・ボア表面やピストン・リングが傷付きます。

以後、組み付けてエンジン始動しても今ひとつ症状が回復しません…。
その状態で、キャブレータのスロットル・バルブの芯弁調整を行っても駄目でした。

最後はキャブレータ交換で直りましたが、何らかの原因(人為的)でスロットル・バルブの芯弁とメイン・ノズルの位置バランスが崩れているのでしょうか…。

それくらいしか思いあたりません。






過去の記載 / その他の記載