田植機のエンジンまわり1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





イセキ田植機PM43で、エンジン・オイル交換です。

排油口は3ヵ所ありますが、側面のベアリング・ケース下部にあるドレン・ボルト(頭部14㎜)1本を取り外すだけで十分です。

エンジン・オイルは、1ℓ弱入ります。



ミツビシ田植機MPR55で、エンジンが始動しません。

バッテリ十分でキーSWをオンにした時、電磁弁が「カチッ」っと働く音がしなかったので電磁弁膠着を疑います。

電磁弁が働かないと燃料が送られないので、エンジンはプスッとも言いません。

音が聞き取り難い場合は、電磁弁を手で触りながらキーSWをオンにすると感触があるので分かると思います。

電磁弁はキャブレータの下部に取り付いていて、12㎜のスパナで取り外せます。

やはり、酷い電磁弁膠着でした。

キャブレータ・クリーナを吹き付けてから、ラジオ・ペンチで芯弁を摘まみ、グリグリ回したり奥へ入れたり出したりして膠着を取ります。

手で芯弁を押して離したら、すぐに内部のバネ力で押し出るようになるまで繰り返します。

原因は古いガソリンが残っていたせいですが、ここまで酷いとキャブレータ内も恐らく酷い状態だと思います。



こちらは、イセキ田植機PM53の電磁弁です。

綺麗に掃除した状態です。

メーカ問わず、キャブレータの下部(フロート・チャンバ・ケース)にこのような電磁弁が付いている田植機は全て同じ事が言え、膠着すると燃料がカットされたままなります。



ヤンマー田植機RR50で、エンジンがハンチングします。

キャブレータ掃除で直る症状なのでキャブレータを取り外します。

キャブレータ分解掃除です。

パイロット・ジェットが詰まっていました。

きれいにしたキャブレータを取り付けます。

キャブレータには、ガバナ・ロッド、ガバナ・スプリング、燃料ホースが取り付くだけです。





クボタ田植機SPJ400で、エンジンが始動しません。

1年間ガソリンが残ったままです。

キャブレータが詰まっている可能性があります。

フロート・チャンバ・ケースのドレン・レバーを引き、キャブレータ内の古いガソリンを抜きます。

地面に落ちるガソリンの色が茶色から透明に変わったので、とりあえず良しとします。

その後、エンジンは始動して調子は良かったのですが、やはりガソリンは抜いて保管する事が大事です。

キャブレータは、詰まる寸前になっているかもしれません…。



イセキ田植機PG6Dで、エンジンが高回転のままです。

アクセル・ワイヤ膠着、ガバナ・シャフト膠着、キャブレータのスロットル・バルブ膠着などを疑います。

まずは、Rピンを外し燃料タンクを横ずらしします。

やはり、ガバナ・シャフトが膠着していました。

膠着が溶けるまで、潤滑剤を吹き付けてはガバナ・シャフトを左右に回すを繰り返します。

シートの真後ろに施肥機があります。

施肥機を使った後は、きれいに掃除しておかないと錆が発生してこのような弊害が生じます。

キャブレータのスロットル・バルブは膠着がなかったようです。

しかし、錆が酷いです。



過去の記載 / その他の記載