トラクターのエンジンまわり1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る





日の本トラクタE2304で、ラジエータの水漏れです。

コア(フィン部)下のロア・タンクから漏れています。

ラジエータと車体フレームとの固定はボルト2本だけです。

固定ボルト(頭部14㎜)は、錆付いていてかなり固いです。

潤滑材を注して取り外します。

また、ロア・タンク下の固定ボルト取付部に、バッテリ+線が通っているので外す必要があります。

循環ホース(アッパ・ホース、ロア・ホース大小)とサブ(リザーバ)・タンク・ホースの計4本を外して、ラジエータを取り外します。

取り外したラジエータです。

ラジエータ屋さんにて修理してもらいました。

ラジエータを取り付けた後、冷却水を一杯まで入れたらエア抜きをします。

キャップを取り付けずに1500回転くらいで4~5分エンジンを回します。

その後、冷却水が減ったら一杯まで追加してキャップを取り付けます。





日の本トラクタE2304で、噴射ノズル回りから燃料が漏れます。

珍しい症状で、ノズル・ホルダの上辺りから漏れていました。

※写真の戻りホースは一度外したため濡れています。

ノズル・ホルダなので、まず噴射ノズル一式取り外します。

左写真で、一番左にあるものがノズル・ホルダです。

ノズル・ホルダとノズルは、それぞれ正ネジで固定されています。

ちなみに、この噴射ノズルの圧力調整はシム式です。

古い機械で部品発注できるか分らない状態(実際は供給不可)だったので、噴射ノズルにシール・テープを巻いてノズル・ホルダに組み込みました。

燃料戻りホースは、硬化していたので交換しておきます。

耐油ピンク・ホースで代用しておきます。

ホーム・センタなどで売られているものです。

一応は、燃料漏れが止まりました。



クボタ・トラクタGL220のシリンダ・ブロックで、ヘッド・ガスケットの交換です。

ラジエータのサブ・タンクから水が噴き出してきたら、ヘッド・ガスケットが切れたということです。






過去の記載 / その他の記載