3点リンク

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る

作業機装着装置は、一般に作業機を3点で支持して上げ下げするようになっている。左右一本ずつのリフト・アーム、リフト・ロッドで吊られるロワ・リンクと、真ん中上部に位置する1本のトップ・リンクの合計3本のリンクで支持することから3点リンクと呼ぶ。
トラクターは基本的に、この3点に直接もしくはヒッチ(カプラ)を介して作業機を取り付けて、油圧装置を使い昇降させることができる。
3点リンクの寸法は日本工業規格(JIS)で定められている。




3点リンクは、主に下記のように分けられる。

標準3点リンク
(JIS規定)
標準オート・ヒッチ 日農工0・Ⅰ形兼用、日農工Ⅰ・Ⅱ形兼用 およそ50馬力を境に0・Ⅰ形兼用(Sカプラ)とⅠ・Ⅱ形兼用(Lカプラ)に分かれ、Lカプラのほうが大きく、頑丈である。一般にカプラは白か黒の塗装がしてある。
標準3点リンク直装 JIS 0形、1形、2形、3形 0形と1形には日農工0・Ⅰ形兼用、1形と2形には日農工Ⅰ・Ⅱ形兼用のオートヒッチ(カプラ)が取り付く。
1形は両方取り付く。
特殊3点リンク
(日農工規格)
特殊オート・ヒッチ A-Ⅰ形(主にイセキ)、A-Ⅱ形(主にヤンマー)、B形(主にクボタ) 現在の主流、主に小型、中型トラクター専用であり、各メーカー独自の構造になっている。
特殊3点リンク直装 JIS 0形、1形 主に小型、中型トラクターに使われるが、殆どが上記オート・ヒッチとセットで使われる。




標準3点リンクの特徴
  • JIS規格と日農工規格がある。
  • 広角のユニバーサル・ジョイントを使うなどして、全ての作業機が取り付く。
  • トップ・リンクは右図のように両側ともターンバックルになっているので、作業機を取り付けたままトップ・リンクの長さを作業機に合わせて変えることが可能。
  • 作業機が水平に近い状態で昇降するので安定する。
  • トラクターと作業機の距離が遠い。
特殊3点リンクの特徴
  • 主に小型、中型で40馬力未満のトラクター専用である。
  • 取り付け可能な作業機が限られ、主にロータリとドライブ・ハロー専用である。
  • トップ・リンクは右図のように片側しかターンバックルになっていないので、作業機を取り付けた状態ではトップ・リンクの長さを変えられない。     
  • 作業機が尻上がりになるので、標準3点リンクに比べ安定感はないが、枕地を少なく出できるのと畦越えし易い利点がある。 
  • トラクターと作業機の距離が近いのと尻上がりになるので、ブロード・キャスタを取り付けた場合は、シャッタ開閉レバーなどが後部に接触する恐れがあるので上げ高さ規制をかける必要がある。
  • 各メーカ独自の取り付き構造になっている。
  • ユニバーサル・ジョイントに無理な負担がかかり破損する恐れがあるため、トップ・リンクの寸法やロワ・リンク、リフト・ロッド穴位置は必ず各メーカ指定に合わせて使う必要がある。
トップ・リンク

現在では、標準3点リンクと特殊3点リンクの両方を取り付けできるヒッチ・フレームがある。
…クボタの「W3P式」など




ユニバーサル・ジョイントの取り付け規格について



標準オート・ヒッチ

4セット(4S、4L)…カプラの3点とユニバーサル・ジョイントがワンタッチで同時に装着可能。
3セット(3S,3L)…カプラの3点はワンタッチで同時に装着可能(ワンタッチ)だが、ユニバーサル・ジョイントは手で取り付ける。
1セット(1S、1L)…ユニバーサル・ジョイントのみある。
0セット(0S,0L)…カプラとユニバーサル・ジョイントがない。

※4セットはワンタッチなので、3セットや1セットと比べユニバーサル・ジョイントは作業機側(PIC側)が違う。

特殊オート・ヒッチ

特殊オート・ヒッチは、カプラ(ヒッチ)の3点とユニバーサル・ジョイントをワンタッチで取り付くもの(4点だから4P)と、カプラ(ヒッチ)の3点のみワンタッチで取り付きユニバーサル・ジョイントは手で取り付けるもの(3点だから3P)の2種類ある。
この基本は各メーカー変わらないが、取り付く部分の形状が各メーカー独自の構造になっている。

※ユニバーサル・ジョイントは、ワンタッチのものと手で取り付けるものとは標準オート・ヒッチ同様に作業機側(PIC側)が違う。


TOPへ

作成日:2008/2