電装関係

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




農業機械には、自動車同様に様々な電気装置が設けられていて、殆どの自動化装置に使われている。

電気には直流と交流があり、使用する機器にあった電圧で使う。

使用電圧 主な使用箇所
直流 12V バッテリ
5~12V センサ類、制御基盤、マイコンなどロジック回路
交流 200V(三相、単相) 乾燥機、籾摺り機などの入力電源
100V(単相) 選別軽量機、精米機などの入力電源
12.5~14V(三相、単相) オルタネータ、チャージ・コイルなど(直流に整流して使用)

※表記電圧は大凡で、実際の使用電圧はそれより僅かに高い。


主な電装品の回路例、またはその仕組みなど



ヘッド・ライト
方向指示器
ホーン
燃料ゲージ
燃料残量警告
水温計
回転計
油圧計

点火装置
予熱装置
始動装置
充電装置
停止装置

バッテリ
トラクターやコンバインのバッテリを交換する判断

リレーを使った回路
農業機械によく使われるDCモータの制御
電磁接触機、サーマル・リレーを使った回路…シーケンス回路
電気、電子回路に使われる部品の回路図記号


関連記載

第4回:三相、単相モータの回転方向の変え方
 
第12回:籾倉の満量警報器を自作する
 
第16回:農業機械にもっとも多く使われるセンサについて
 
第24回:単相200V電源で3相200Vモータを回す
 
第27回:水が混入して回らないブラシ付きDCモータの分解洗浄について



作成日:2007/9