金属の熱処理

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




焼入れ
鋼材を硬化させる事です。
鋼材を高温に加熱して鉄と炭素が結合した状態から、水または油を使って急冷すると硬い組織に変わります。
真ちゅうなどは焼入れしても変化せず、銅のように急冷すると軟化する金属材料もあります。
焼き戻し
焼入れをした後に再加熱する事です。
焼入れをすると内部に歪みが出来るため、内部応力を取り除き、硬さを調整して粘り強さを出すのが目的です。
焼戻し温度は鋼の炭素量によって異なり、炭素量の多い鋼で150~200℃、炭素量の少ない鋼では550~600℃です。
焼なまし
鋼材を適当な温度に加熱し、その温度にある時間保った後に徐冷する事です。
内部応力を除去し、硬さを低下させて加工し易くするのが目的です。
焼ならし
鉄鋼の前加工の影響を取り除き、結晶粒を微細化し機械的な性質を改善するために行う作業です。
変態温度以上に加熱した後、通常は空気中で冷却します。
表面硬化
歯車やカムなど、耐衝撃、磨耗性を同時に必要な場合は、じん性のある材料の表面のみを硬化させ、その内部の母材のじん性を生かすようにした表面硬化処理があります。
クロムCrなどを表面に付けるメッキ法や高周波焼入れ法、浸炭法、窒化法、青化法などがあります。


作成日:2008/10