溶接の応用

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




修理時に遭遇する錆びによる膠着などで、通常の方法では何ともならない場合があります。

そんな時は、やはり溶接が頼みの綱になります。

また、古い機械の修理ほど溶接が必要になることが多く、ここでは溶接を使って修理した例を紹介します。


※「機械の写真集」や「過去の記載」内でも、時折溶接例を記載しています。


日の本パワー・ディスクCZ400の爪軸(爪取り付けパイプ)のベアリングを交換する場合で、爪軸の取り外し方法です。

ちなみに、この機械の部品供給は、既に会社がなく不可能になりつつあります。

幸い爪軸のオイル・シールは、まだ取り寄せができました。

クロス・リング、軸用スナップ・リングを外すと、軸径の大きいクロス・フランジに、ベアリング6013LLUが手前と奥に2つ取り付いています。

酸素アセチレン溶接でベアリングの玉を落とそうにも、切断幅がないのと、深すぎて熱を加えられません。

爪軸をハンマで叩いてもビクともしないので、ここはギヤ・プーラをかけれるように一時的に改造します。

爪軸の外面に大きめのナット(頭部19㎜以上)を対角線上に二つ溶接します。

ある程度、適当な位置で構いません。

爪軸を取り外したら、溶接したナットはディスク・グラインダで削って外すので、ディスク・グラインダの刃を当て易いところになるべく溶接します。

ギヤ・プーラは、大きいGP8クラスを使います。

中心軸(駆動軸)は斜めに出ているので、真っ直ぐ力を加えることは出来ませんが、強く締まったらギヤ・プーラの頭部をハンマで叩いて衝撃を与えます。

これの繰り返して爪軸を出していきます。

また、駆動軸のネジ山を潰さないように、頭部19㎜くらいのナットを挟んで行います。

爪軸が抜けて、クロス・フランジが姿を現します。

クロス・フランジに取り付いているオイル・シールのスリーブは、大きめのマイナス・ドライバで起こして取り外します。

火で熱すると中のオイル・シールまで燃える可能性があるので、なるべく火は使わず行います。

ディスク・グラインダでナットの溶接部を削り落とします。

例えば片側だけ切り込みを入れて、そこにハンマで叩いて鏨の先端を打ち込めば、簡単に外すことが出来ます。

取り外したナットです。

もう使い道がないので鉄屑処分です。



三菱コンバインMC15の摩耗した駆動輪(スプロケット)です。

叩いても、熱しても、ギヤ・プーラをかけても取り外すことは出来ません。

完全膠着した駆動輪は酸素アセチレン溶接で切断して取り外します。

まず、ミッション・オイルを抜きます。

これは安全のためですが、どの道オイル・シールが燃えてしまい、オイル交換になります。

オイルを抜き終えたら、酸素アセチレン溶接で駆動輪の外輪の部分を切り落とします。

古い機械ですが、まだオイル・シールと駆動輪の発注ができました。

切り落とした駆動輪の外輪部分です。

溶断(切断)は中火程度の火の強さで、金属が赤くなったら素早く酸素を出して行います。

上手に行うには経験を積むしかないです。

次に、駆動輪本体を少しづつ削り落としていきます。

気を付けることは、スプラインを削らないことです。

少し削れてしまう程度なら問題ありませんが、なるべくなら無傷で取り外します。

コツは少しづつ行い、赤くなったら素早く削ることで、出来るだけスプラインまで熱を伝えないことですか…。

ものすごく地道な作業で時間もかかります。

ある程度削り落としたらハンマで叩いて取り外しますが、叩き難い場合は鏨などを当てて叩きます。

どこまで削り落とせばいいのかは膠着具合によります。

左側の駆動輪も酷い膠着だったので、同じように酸素アセチレン溶接で削り落とします。

ギヤがニュートラルであれば、車軸はパイプ・レンチなどで回せるので、やり易い位置まで回転させます。

左側の駆動輪は僅かな溶断で済みました。

ハンマで叩いて取り外しますが、叩き難い場合は鏨などを当てて叩きます。

オイル・シールは完全にゴム部分が燃えきっているので、簡単に取り外せます。

ベアリングを交換する場合も溶断して取り外せますが、奥に飛び散った鉄屑を根気よく取る必要があります。

例えば、長い磁石棒などを使います。

構造上、鉄屑はいきなりミッション・ケースまで入らないと思います。


これは、ギヤ・プーラを使う際に、軸芯にきってあるネジ山を潰さないようにし、尚且つギヤ・プーラを安定させる目的で自作した当て物です。

単に、丸棒を旋盤で適当に削っただけです。

ギヤ・プーラの軸先端を当てる側です。

通常は、ナットなどを当て物として使えば十分ですが、この当て物は、細く削ったほうをネジ穴に入れるので安定します。

自己満足の世界です…。



作成日:2011/1