乾燥機

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る

乾燥機とは、籾を乾燥して適正な水分値まで下げる機械で、一般にうるちで水分値14~15%である。

循環は、昇降機で最上部まで上げた籾を貯留部に、上部コンベア・スクリュで落とすものと、羽を回転させ飛ばして落とすものとがある。
また張込口は昇降機から張込むものと、本体から張込むものとあるが、多くのものは両方出来るようになってる。
バーナは、古いものはポット式が多く使われていたが、現在は噴霧式が殆どで、ガン・タイプとロータリ・タイプがある。噴霧式はポット式に比べ点火、消火が瞬時にでき、使用に関しても安全で自動制御ができる。また最近の遠赤外線乾燥機はバーナからの燃焼ガスと、これを放射体に当てて発生する遠赤外線との両方で乾燥する方式のものである。
入力電源は三相200V、または単相200、100Vだが、殆どが三相200Vである。


   籾の流れ
   消耗品と掃除について
   機械的トラブルの対処法
   電気的トラブルの対処法


■乾燥機各部名称(下図例)


乾燥機左側 乾燥機右側
 

■乾燥機籾の流れ


籾の流れ

操作に関する事はマイコンにて制御されてる

張込

稼働するもの:昇降機、上部コンベア、下部コンベア、送風機(機械による)、排塵機(機械による)

通風循環
稼働するもの:昇降機、上部コンベア、下部コンベア、ロータり・バルブ、送風機、排塵機、自動水分計

熱風乾燥
稼働するもの:昇降機、上部コンベア、下部コンベア、ロータリ・バルブ、送風機、排塵機、自動水分計、バーナ

排出
稼働するもの:昇降機、上部コンベア、下部コンベア、ロータリ・バルブ、送風機(機械による)、排塵機(機械による)


■安全装置、自動装置、各センサー類

満量センサ(スイッチ):最大張込量を検知する。

風圧センサ(スイッチ):送風機の停止、風量低下を検知し、燃料ポンプを止める。

失火センサ(半導体):バーナの火(光量)を検知、火が消えた時燃料ポンプを止める。

熱風温センサ(半道体):熱風器内部の過熱を検知、異常燃焼時燃料ポンプを止める。

高温サーモスタット熱風機内部の過熱を検知、異常燃焼時燃料ポンプを止める。

穀物温センサ(半導体):乾燥部の過熱を検知、検知時燃料ポンプを止める。

外気温センサ(半導体)…外気の温度を検知、異常時燃料ポンプを止める。

オーバ・フロー・センサ(スイッチ)…一部の乾燥機:バーナ燃焼中の燃料のオーバ・フローを検知、検知時燃料ポンプを止める。

サーマル・リレー(バイメタル):モータに設定値以上の電流が流れると、バイメタルが湾曲し電磁開閉器の接点が外れ、モータへの電流を遮断する。

自動水分計:設定水分で自動に乾燥停止させる装置。

籾詰まりセンサ(スイッチ、半導体)…一部の乾燥機:搬送経路内での籾の詰まりを検知、検知時機械を止める。
繰出し部


●籾の流れ


張込時籾の流れ
張込口→昇降機→上部コンベア→均分器(コンベア・ケース下)→貯留部→乾燥部

通風循環、乾燥循環時籾の流れ
ロータリ・バルブ(間欠回転)→下部コンベア→昇降機→上部コンベア→均分器(コンベア・ケース下部)→貯留部→乾燥部→ロータリ・バルブ(間欠回転)

排出時籾の流れ
ロータリ・バルブ(間欠回転)→下部コンベア→昇降機→排出口
※排出されない籾は再び循環する。


胴割れ◎胴割れについて

穀粒に亀裂が入る事を胴割れというが、これを防止するには、急激な過乾燥を止め、乾燥速度を制限し、乾燥後の急冷を避ける事が必要。また、乾燥前の機械的損傷を減らす事も大事である。



テンパリング
乾燥部の籾層の間を40~60℃の熱風で約10分程短時間通過させた後、循環し貯留部に一時貯え、乾燥と休止を繰り返す事をテンパリングまたは調質という。
乾燥部では籾穀だけが乾燥され、貯留部で穀粒内部の水分が籾穀に移り、乾燥ムラを減らし急激な乾燥による胴割れを防いでる。
また、操作盤での穀物量ダイヤルを実際の張込量より多く設定したり、送風機ベルトなどの滑りによる送風量の減少も乾燥ムラになるので注意する。




■使用する毎に擦り減る部品(消耗品)、他掃除の仕方



上部コンベア・スクリュ

昇降機バケット
上部コンベア バケット



ヒータ・コード
ヒータ・コードは、バーナに点火するもので、燃焼中は高温にさらされ続けるので傷みやすく、またカーボンなどの付着により点火能力が下がる。ヒータ・コードは、碍子にニクロム線を巻いたものやセラミックのものがある。






■ロータリ・バーナの掃除…KANEKO製

ロータリ・バーナ
左図はロータリ回転部(噴射部)と炉筒を分解したもので、ロータリ・カップ、空気規制板上、炉筒内にカーボンが付着してれば、ワイヤ・ブラシや歯ブラシなどで掃除する。

また、ロータリ・カップの裏側の噴射部を掃除する場合は、断熱剤を外す必要がある。この時、断熱剤はカッタなどで上手に剥がしながら外す。また、カーボンでパリパリになっていたら、なるべく交換する。噴射部を掃除するとき、奥の反射板も同時に掃除しておく。反射板はキャブレータ・クリーナなどを吹き付けて汚れを落とす。マイナス・ドライバなどの先端で削る方法は、傷が付き反射力が落ちるのでよくない。

■水分計検出器の掃除…KANEKO製

水分計検出器左図のブラシ留めネジを外し、プレート、ブラシを取り出し、赤字の部分(籾殻などの屑が溜まる)細いマイナス・ドライバなどで掃除する。取り付ける時は赤字部分が本体金属部に触れてない事を確認し、ブラシ留めネジを締める。


また、検地ロール部の周辺も掃除する。この左右の検地ロールを回転させ籾を摺り合わせ、検地ロールを介して玄米に電気を通して水分値が計算される。玄米の水分率によって電気抵抗が変化することを利用している。

■機械的、使い方トラブル


症状 原因 対処
張込が出来ない(詰まる) ①昇降機のバケットが減ってる
②上部コンベアのスクリュが減ってる
③Vベルトが摩耗(ヒビ割れなど)している
④プーリの止めボルトが緩んでる
⑤籾の入れ過ぎによる上部コンベア圧迫
⑥昇降機バケット・ベルトが片寄りケースに当たってる。または、緩んでる、切れてる。
①交換
②交換
③交換
④締める
⑤屋根部点検口より籾の山を平に、上部コンベアの籾落下調整を適正に、または排出
⑥芯出し、張り調整、交換
通風循環出来ない(詰まる) ①昇降機のバケットが減ってる
②上部コンベアのスクリュが減ってる
③Vベルトが切れてる
④プーリの止めボルトが緩んでる
⑤籾の入れ過ぎによる上部コンベア圧迫
⑥ロータリ・バルブが回らない
⑦下部コンベアのスクリュが減っている(特に遠赤外線タイプ)
①交換
②交換
③交換
④締める
⑤屋根部点検口より籾の山を平に、上部コンベアの籾落下調整を適正に
⑥繰出しモータ、それに関わる配線、チェーンの点検
⑦交換
排出出来ない(詰まる) ①Vベルトが摩耗(ヒビ割れなど)している
②昇降機のバケットが減ってる
③下部コンベアのスクリュが減っている
①交換
②交換
③交換
排塵機から籾が出る ①風力が強すぎる ①排塵機シャッタを現在より開く、全開でも籾が出る場合はホース出口を絞る
昇降機から音がする ①ベアリングの破損、消耗
②バケットベルトが切れそうな状態
③バケットベルトの張リが適正ではない
④バケットベルトの繋ぎ目裏側亀裂
⑤異物混入
⑥昇降機上部ケース内側磨耗、破損により破損部がバケットに接触
①交換
②交換
③適正に張る
④交換、繋ぎ直し
⑤取り出し
⑥交換
上部コンベアから音がする ①スクリュ軸の曲がり
②ベアリング(特殊)破損、消耗
③ベアリング(特殊)とベアリング・ケース膠着によるの調心不能
①交換
②交換
③潤滑剤、油をさす
循環するとき音がする ①ロータリ・バルブ軸の油切れ
②駆動チェーンの油切れ
①潤滑剤、油をさす
②油をさす
送風機が振動する ①ベアリング破損
②ファン・ケース内に埃付着
①交換
②掃除
貯留部内で籾の山が片寄る ①均分器の調整が片寄ってる
②上部コンベアの下部受け板が開いてる(少量乾燥の位置になってる)
①調整
②閉める(通常乾燥の位置にする)


■電気的トラブル(操作盤でのトラブル)


症状、項目 主な原因 対処
モーター過負荷 ①詰まりによる過負荷表示
②三相のうち一相欠相(単相運転)
③サーマル・リレーの電流設定値が違ってる、低い
④サーマル・リレーの故障
⑤制御盤の故障、断線
⑥主モータ故障、それに関わる配線断線、漏電など
①詰まりをとり、サーマル・リセット、電源入れ直し
②ブレーカ元ヒューズ、差込プラグ、キャブタイヤ、主モータ入力線点検
③規定値に合わせる
④交換
⑤交換
⑥交換、点検、結線、ヒューズ点検
電圧降下 ①キャブタイヤが細い、長すぎる
②三相のうち一相欠相(単相になってる)
③他にいくつか使用してる負荷(電気製品)がある
①太く、短く
②差込プラグ、キャブタイヤ点検、結線、ブレーカ元ヒューズ点検
③どれか止める
異常消火 ①失火(光量)センサの故障、それに関わる配線断線など
②バーナ汚れによる燃焼不能
③バーナ内反射板汚れによる光検知不能
④外気温センサ(サーミスタ)の故障、それに関わる配線断線など
⑤制御盤の故障
①交換、点検、結線など
②掃除
③掃除(なるべく傷付けないこと)
④交換、点検、結線
⑤交換、修理
風圧センサ ①掃除口、点検口が開いてる
②風圧スイッチ接触不良、それに関わる配線断線など
③送風機が回ってない(Vベルト切れ、モータ故障など)
①全て閉める
②交換、点検、結線など
③Vベルト交換、モータ入力線点検、ヒューズ点検、モータ交換など
バーナ ①ヒータ・コードの不良
②燃料ポンプ故障、それに関わる配線断線、漏電など
③燃料コック閉めたまま、フィルター詰まりなど
④バーナ、エア・クリーナ汚れ
⑤バーナ・モータ故障、それに関わる配線断線、漏電など
①交換
②交換、点検、結線、ヒューズ点検など
③開く、掃除、エア抜き
④掃除
⑤交換、点検、結線、ヒューズ点検など
配穀モータ(均分器が電動になったもの、一部の大型乾燥機) ①配穀モータ故障、リミット・スイッチ不良、それに関わる配線断線、漏電など ①交換、点検、結線、ヒューズ点検など
繰出しモータ ①ロータリ・バルブ詰まり、チェーン、スプロケット噛み込みなど
②繰出しモータ故障、それに関わる配線断線、漏電など
①詰まり除去、点検、交換
②交換、点検、結線、ヒューズ交換など
熱風温 ①熱風温センサ(サーミスタ)の故障、それに関わる配線断線など
②燃料の間違い
③制御盤の故障
①交換、点検、結線
②交換
③交換、修理
穀物温 ①穀物温センサ(サーミスタ)の故障、それに関わる配線断線など
②制御盤の故障
①交換、点検、結線
②交換、修理
異常停止水分 ①自動水分計が故障してる(モータ、検出部)、それに関わる配線断線、漏電など
②自動水分計が詰まってる(去年の籾など)
③籾のない運転
①交換、点検、結線、ヒューズ点検
②掃除
③正常、テスト運転で
●表示パネルに電源が入った状態で、張り込み、通風循環などのボタンを押して、自動(通常の状態)で動かない場合は、手動、自動切替スイッチを手動にする。モータが回れば電気は正常にきてると判断し、上記を基準に点検しコネクタ、配線など鼠による被害がないか確認する。
自動、手動共に動かない場合は、電磁接触器を点検する。サーマル・リレーが働いていない正常の状態で電磁接触器のボタンを押す。モータが回れば電気はきてると判断できるので、コイル線の抵抗値とコイル入力電圧の測定をする。
●電源が入らない場合は倉庫内のブレーカ、ヒューズ、キャブタイヤ、差込プラグをサーキット・テスタを使い点検する。



TOPへ

作成日:2006/7