停止装置

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る

ディーゼル・エンジンを停止させるには、インジェクション・ポンプに供給される燃料を止めて停止させる。
燃料停止装置は、ストップ・モータもしくはソレノイド・バルブを使った電装品でインジェクション・ポンプの燃料を止める方法と、インジェクション・ポンプのストップ・レバー(スロットル・レバー)をワイヤを介して引くことにより燃料を止める手動の方法がある。


ストップ・モータ

直流モータの回転運動にクランク運動を合わせてレバー操作をできるようにしたもので、キー・スイッチのOn/Offで作動し、それぞれ回転方向が違う。
他、農業機械では様々な箇所で同様のモータが使われている。…田植機の植付クラッチ、トラクタの4駆入力など



■作動例     
エンジン停止時(キー・スイッチOff時)
キー・スイッチを切るとバッテリから常時電源によりモータは回転し、インジェクション・ポンプのストップ・レバーを燃料カット位置まで連結されたロッドを介して移動させ、ストップ・モータ・ギヤ・ケース内の切替(3路)スイッチが働きその電圧は遮断される。
エンジン始動時(キー・スイッチOn時)
キー・スイッチを入れるとストップ・モータ・リレーの励磁コイルに電気が流れ、c接点が閉じモータがOff時とは逆回転に回転する。そして、インジェクション・ポンプのストップ・レバーを燃料開放位置まで連結されたロッドを介して移動させ、ストップ・モータ・ギヤ・ケース内の切替(3路)スイッチが働きその電圧は遮断される。
これは、ストップ・モータ・リレーとストップ・モータ・ギヤ・ケース内にそれぞれ切替接点(c接点)を持つことで、、バッテリからの常時電源がストップ・モータ・リレーとストップ・モータ・ギヤ・ケース内で向きが切り替わり、逆回転させることができる。

※この方式は、バッテリが完全放電状態(ブースタ・ケーブルなどを使って始動した場合など)では、キー・スイッチをOffにしても、ストップ・モータに十分な電気を流せずエンジンを停止出来ないため、手動のエンジン・ストップ・レバーを同時に設けていることが多い。


フューエル・カット・ソレノイド(ソレノイド・バルブ)

励磁コイルと、スプリングなどで押された弁(ストップ・バルブ)で構成されたもので、キー・スイッチのOn/Offで作動し、ストップ・バルブはピストン運動する。フューエル・カット・ソレノイドはインジェクション・ポンプ・ケースに直接取り付けられている。

主に、エンジン始動(運転)中のみ通電する「常時通電型」と、エンジン停止時のみ通電する「停止時通電型」があるが、他、その両方を合わせ持つものもある。


第30回:トラクターのエンジン停止装置について


■作動例…常時通電型、1コイルのソレノイド
エンジン停止時(キー・スイッチOff時)
キー・スイッチを切るとフューエル・カット・ソレノイドに流れていた電気が遮断され、ストップ・バルブを吸引する力が無くなり、ストップ・バルブがスプリングの力で押し出されるのでインジェクション・ポンプ内の燃料の通路を塞ぎ遮断する。
エンジン始動時(キースイッチOn時)
キー・ストップを入れるとフューエル・カット・ソレノイド・リレーの励磁コイルに電気が流れ、a接点が閉じフューエル・カット・ソレノイドに電気が流れる。そして、フューエル・カット・ソレノイド内の励磁コイルは電磁石となり、ストップ・バルブはスプリングの力に押し勝ち吸引されるので、インジェクション・ポンプ内の燃料の通路を開ける。

作成日:2007/2