ファン・ベルト

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




ファン・ベルトは水冷式エンジンに使われ、発電機と冷却ファン(ウォータ・ポンプ含む)を回転させている。

一般にファン・ベルトはクランクシャフト・プーリ、冷却ファン・プーリ、発電機プーリにかけられていて、クランクシャフトからの動力で回転している。

トラクターやコンバインに使われるファン・ベルトは主にVベルトで、一般のVベルト(断面が台形)とコグ・ベルト(歯付き)がある。

また、自動車ではリブ・ベルトがよく使われるが、農業機械のファン・ベルトとしてはあまり使われない。

ファン・ベルトの役割

冷却ファン
発電機(ダイナモ、オルタネータ)



ファン・ベルトの交換目安…張り量適正において

  キュルキュルと音が鳴り出す。(滑っていることになる)
  内側に亀裂が入っている。
  側面が異常に細くなっている。

よく使われるファン・ベルトの一例
  ※バンドー表記

◎ローエッジ・ベルト

ベルト形:  FM、A

一般Vベルト:  オート・フレックス(シルバーRAF/WAF)
    底部に丈夫な帆布を積層し、耐久性が良い。

コグ・ベルト:  パワー・フレックス(RPF)
    小プーリでの屈曲性が良い。耐熱性にも優れてる。


◎薄形ベルト

ベルト形:  A

一般Vベルト:  レッド・ラベル(SA)


◎ファン・ベルトの調整手順

ファン・ベルトに亀裂がないか、弛みがないかを確認します。

プーリ間ベルトの中間辺りを指で軽く押して、適正なたわみ量であるか確認します。

左写真は、見るからに弛みがあるので調整に入ります。

適正なたわみ量:10㎜程度

オルタネータ(写真はACダイナモ)の上部を固定しているボルトを緩めます。

通常、頭部12㎜の正ネジボルトが使われています。

ちなみに、左写真のファン・ベルトはパワー・フレックスRPFです。

オルタネータ(写真はACダイナモ)の下部を固定しているボルトとナットを緩める。

通常、頭部12~14㎜の正ネジボルト、ナットが使われています。

バールや金属棒、又は適当な工具の先をウォータ・ポンプ・ケースの辺りに差し込み、てこの法則を使ってオルネータを外側にずらします。

ファン・ベルトが張れているところで、オルタネータ上部の固定ボルトを軽く締めます。

手でオルタネータをずらしてベルトを張っても良しです。

ファン・ベルトの張り具合を再確認します。

問題なければ、オルタネータ上部の固定ボルトを本締めします。

オルタネータ下部の固定ボルト、ナットも本締めします。



◎ファン・ベルトの取り外し

ファン・ベルトを交換する場合は、オルタネータを固定しているボルトを緩め、オルタネータを内側に当たるところまでずらします。

ファン・ベルトをオルタネータ・プーリから脱線させたら、手で冷却ファンを回しながらベルトをくぐらせて外します。


稀ですが機械によっては、オルタネータを外さないとオルタネータ・プーリにファン・ベルトを脱着できないものもあります。

また、エアコン付きの機械ではエアコン・ベルトが取り付くので、先にエアコン・ベルトを取り外す必要があります。


新品のファン・ベルトに交換したら、張り具合の確認は、取り付け後とエンジンを始動停止させた後と必ず2回行います。

これは、新品ファン・ベルトの側面とプーリ溝との摩擦力がとても強く、ベルト取り付け後のほぼ止まった状態のプーリでは食い込みが甘くなるからです。


作成日:2010/12